このページでは、ゼネグラに関しし詳しく説明をしていきたいと思います。

勃起不全の悩みに力を発揮してくれるのがゼネグラという医薬品。

ゼネグラの主要成分はクエン酸シルデナフィルで、もともとは心臓病や狭心症の薬として開発された医薬品だったそうです。
しかし、服用している患者に、勃起不全に対して副効果が認められ、勃起不全治療薬として利用されています。

最初に製造、販売されたのがバイアグラですが、ゼネグラはジェネリックに部類され、そのために価格が安い。
バイアグラと比べ、価格が安いので、自分にどれだけの効果があるか試してみるのも良いかもしれませんね。

ゼネグラの主要成分であるクエン酸シルデナフィルは、勃起不全の原因である酵素をブロックしてくれるために、血液の循環が活発になるために、効果が期待できます。ただし、もともとは狭心症や心臓病の薬として使われていたために、同じような薬をゼネグラと一緒に併用すると過剰な副作用が起こる可能性があるために注意。

ゼネグラを服用することにより「ED(勃起不全)改善、勃起力の強化、勃起状態が長時間持続」。
やはり、使っていて効果が出てくると性生活が飛躍的に向上して、気分的にも楽しくなりますね。

勃起力の強化で、下半身が大きくなると聞いたのですが、3ヵ月ほど使っているのですが、さほど変わりはありませんね。

ゼネグラは世界的に人気で効果率の高いバイアグラのジェネリック医薬品なので、安心してバイアグラと同等の勃起効果をもたらしてくれます。
バイアグラを使って効果を感じている人に、このゼネグラがオススメだと思います。

ゼネグラの成分シルデナフィル

続いては、ゼネグラの効果についてですが、主成分であるクエン酸シルデナフィルには、生体内にある「5型ホスホジエステラーゼ」のはたらきを阻害する効果があります。

5型ホスホジエステラーゼは勃起に必要な「環状グアノシン一リン酸」を弱める働きがあります。
この5型ホスホジエステラーゼが活性化していることで、海綿体の平滑筋が緊張し、陰茎内部に十分な血液が運ばれなくなってしまいます。つまり勃起不全の原因となります。

そこで、このゼネグラの成分であるシルデナフィルの出番。5型ホスホジエステラーゼのはたらきを抑制することで、環状グアノシン一リン酸による勃起状態を持続して、正常な性交をサポートしてくれるわけですね。