ゼネグラの効果についてですが、まず気を付けておかなければいけないこととして、ゼネグラを服用するだけで「勃起」するわけではありません。

私も、最初はバイアグラやゼネグラを服用すれば、陰茎に力が入り勃起に至ると思っていたのですが、そうではありません。

ゼネグラなどは「無理に勃起させる」のではなく、「勃起させるためにエスコートしてくれる」感じ。
つまり、自分自身に性欲がないと服用しても勃起に至りません。

クグアノシン1リン酸とPDE-5

まず、最初に性的な興奮がないと始まりません。興奮をすることで、脳から陰茎につたわり、動脈を拡張させ海船体の筋を柔らかくすることで、血液の流れがスムーズになることで勃起となります。

しかし、私たちの悩みである勃起不全(ED)の原因として、陰茎内の血の流れが悪くなることが原因。

少し詳しく説明をすると、陰茎内部の筋にあるクグアノシン1リン酸という物質があり、これにより、海船体と平筋骨の動脈がゆるみ血液が流れ込み勃起に至ります。つまり、このクグアノシン1リン酸がとても大切。
ですが、このクグアノシン1リン酸を分解する酵素PDE-5が大量に現れることで効力を失ってしまい、陰茎につからが入らずに勃起不全となってしまいます。

ゼネグラの効果でPDE-5を阻害

そこで、勃起不全治療薬であるゼネグラは、このPDE-5の働きを阻害する作用を持っています。PDE-5の働きを抑えることでクグアノシン1リン酸は分解されずに、勃起をするために活発に活動をしてくれます。

最初も述べたように、ゼネグラを利用するときは「性欲」が大切となります。それから、服用してから30分~1時間後にじんわりと効き目が表れてくるので、そこら辺を計画してから使うようにしましょう。