バイアグラのジェネリック医薬品であるゼネグラ。

やはり、このジェネリック医薬品の良いところとして、「性品が同じ」で「価格が安い所」。
「バイアグラとゼネグラ」の価格比較
成分:シルデナフィル
用量:30錠
・バイアグラ=70,000~80,000円
・ゼネグラ =49,00~ 5,200円

同じ主要成分になるために、勃起不全に対する効果もおなじになります。
では、どうしてどうしてこのようなことが起こるのか?

そもそもジェネリック医薬品の意味は先発品と後発品が関係します。

最初に、バイアグラを開発した会社は、どうしても「時間・コスト・人件費」が掛ってしまいます。
全く真っ白の段階から新しい薬を開発するために、時間もお金もかかるのは当たり前です。

することで、先発品の商品は高く販売しなくてはいけません。

それに引き換えて、後発品は商品を販売するだけ、つまり「時間・コスト・人件費」などがかからないわけですね。つまり同じ製品で安く商品を販売することができるということ。
これをジェネリック医薬品と言います。

バイアグラとゼネグラのように、同じ製品でかなりの価格の差がでているのは本当に嬉しい事です。