値段と効果の差

ゼネグラにも2種類あり、「50mg」と「100mg」があります。
この2種類には「値段と効果」に違いが出てきます。

値段

値段についてですが、
50mg(30錠)=1,958円
100mg(30錠)=2,358円
容量が高くなる分、値段も若干高くなりますね。

効果

やはり、50mgよりも100mgの方が効果が高くなりますね。ここで、気を付けたいのが効果が高い分に「副作用」が発症しやすいということ。

容量が「高すぎず、少なすぎない」のがカギとなります。

自分にある成分容量

私がゼネグラを使うときは25mgと50mgの2種類を使い分けています。

25mgを使うときは「空腹」の時に服用。それに対して、「食後」や「飲酒」の時は胃の中にさまざまな成分が含まれているために、容量が低すぎると効果を発揮できないために50mgを服用すると、充分に陰茎に力が入り勃起に至ります。

このように、その時の状況によって利用する成分容量を使い分けるようにしましょう。私も、最初は何もわからずに、100mgを使っていました。確かに効果を感じることはできていたんですが、その分、「頭痛や鼻づまり」などの嫌な副作用にも悩まされていました。

最初は、少し面倒ですが自分に適応した成分の容量を試してみるのが大切だと思います。